読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたし的 お葬儀 ~お金をかけない葬儀のかたち~

安価な葬儀を目指すあなたへのアドバイス

供花や果物籠、樒(しきみ)

祭壇の左右には

中央から

 

枕花・・・

亡くなった方の枕元に1番にお供えする供花です

なので、故人の近しい人が出すお花です

子供、孫、兄弟など

 

供花・・・

枕花の外側、祭壇がいっぱいになると式場の壁に沿って、さらには式場の外のロビーや屋外にも飾られる お花です

名札には個人名や会社名、役職名、団体名などが入れられます

祭壇に近い内側から、近しい人・大切な人になりますので、供花が多い場合は順位決めが大変です

 

果物籠・・・

親戚や会社などが出すことが多いです

中の果物は初7日が終わったあと、親族に分けてお土産にしたりします

 

樒(しきみ)・・・

式場入口や祭壇の左右に置かれる、緑色の葉っぱ

仏式には必要!と言われますが、、

寺院は「ん?ない」と思うのかもしれませんが、一般人は特に気にする人っているのかしら

2対も3対もは、絶対に必要ありません

 

 

家族、近い親族だけの式となると

お供物の数も少なくなりますが、何の問題もありません

枕花は家族としてお供えしてあげたいですね

もし、親戚や友人から申し出があれば、供花をお願いするといいですね

柩の蓋を最後に閉じる前に、そのお花をみんなの手で、故人のお顔のまわりに飾ってあげ、綺麗に送ってあげたいものです

お花が少なければ、ちょっと束にして胸元に置いてあげるだけでもいいでしょう

 

 

 

f:id:rin_nbonjour:20160702132358j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚