読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたし的 お葬儀 ~お金をかけない葬儀のかたち~

安価な葬儀を目指すあなたへのアドバイス

普通を目指さない

そもそも〝普通〟って何でしょうね

 

「人並みのことをしてあげたい、、」

〝人並み〟って??

 

立派な祭壇の前で、何人もの僧侶にお経をあげてもらい、親戚一人ひとりが名前を呼ばれ焼香し、聞きたくもない弔電の文言を聞かされるのが〝普通〟でしょうか?

 

そう〝普通〟なんて、ないんです

 

「人は二度、死を迎える」と聞いたことはありませんか?

一度目は、もちろん肉体の死

私達が思う 死 です

二度目は、その人が全ての人の記憶から消える時に訪れます

 

たとえ、手を触れ、抱きしめることができなくても

その人を記憶に留めている人がいる限り

その人は、まだ死んでいないのです

 

ならば、葬儀とは

ひとつの 区切りに過ぎません

 

人間一人ひとりの人生が違うように

葬儀のかたちは人それぞれ

 

家庭環境、亡くなった年齢や状況、家族の価値観、亡くなった方の価値観、、

 

 

葬儀社との打ち合わせで

 

「普通」とか「大体みなさんどれくらい」とか「恥ずかしくないくらい」とか

絶対に言ってはいけません

 

葬儀社の〝普通〟は一般市民からは

かけ離れていますから

 

 

 

f:id:rin_nbonjour:20160622203157j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚